ライブチャットとエロの取扱説明書   >  ライブチャット:応用する

ライブチャット:応用する

選択

これまで紹介したライブチャットの特性に加え、その種類を踏まえた上で応用術を紹介してみましょう。前述の通り、ライブチャットは、WEB動画を通して男女がコミュニケーションを図るツールです。そのことから、2種理のライブチャットが生まれました。

はじめにノンアダルト系といわれる、ライブチャットの根本的な概念が特徴なもの。それは至ってシンプル。女性と話をするだけもの。その中には、エッチな気分を味わいたいと思う男性もいるが、ノンアダルトでは不可。もう一方のアダルト系の利用をおすすめする。すなわち、純粋に女性との会話を楽しむものなのです。だったら、キャバクラへ行く。と批判されそうですが、ライブチャットには、お店へ出かける手間もなけらば、好みの女性と会話ができる利点があるのです。また、トーク方法も、女性一人に複数の男性が接する「パーティーチャット」と、一対一で女性を堪能できる「2ショットチャット」が存在するので、男性の楽しみ方に合った方法を選べるのです。この状況の応用方法としては、お酒を飲みながらの会話なら、キャバクラのような体験が出来ます。また、自宅に居ながらだとテレビを観ながら話すこともできるので、放送中の番組に対して様々な意見を交わすことも可能なのです。ほかにも、使いようによっては用途も様々。そんな応用術を模索するのもライブチャットのメリットなのだと感じます。

つぎに、アダルト系。前項にアダルトの要素が加わったもの。女性とエロく盛り上がりたいユーザー向け。男性がリクエストすれば、服を脱いだり、セクシーに振る舞ってくれます。しかし、日本では女性器の露出が法律により禁止されているので、注意していただきたい。

以上2種類のライブチャットを使い分けて、充実したチャットライフを見出してみてください。